JavaAppletが無効です。有効にしてください。
   屋号は猫の手  
 
**********************************
屋号は「猫の手」 徒然雉寅日記
**********************************

亀は長生きだというが、やはり死は免れない。
龍は霧に載って空を掛けるが、やがては土に化してしまう。
老いた駿馬が厩に飼われているのは、なお千里を走らんがためであり、
雄雄しい男児は晩年になろうとも、大きな志を捨てない。
人の命の長短は天だけが決めるものではない。

活動中(仕事・遊び・趣味)の身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴っていきます。
 
猫の手(“CatPaw Lab.“)は「屋号」です。   江戸川区でいろいろな活動をしています。
魔方陣 リンク

ログイン 保存

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21
22
23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の作業記事
本気で終活始めます
体調は一進一退
注文は納得した上で。
それが義務。
生きることは難しくない

過去の作業ログ
2019年12月
2019年 1月

 



本日   43
昨日   103
累計   528859

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

猫の手の業務について
  

「猫の手」は、「ITコンサルタント」業務を閉業しております。

業務のお問い合わせを時々頂きますが、上記の通り閉業しました。

ただし、懇意にしている方からの依頼は受け付ける場合があります。

現在は、身のまわりの出来事をおもしろおかしく綴るブログとしてのみ当サイトを使用しております。

なお、「『猫の手』は屋号」なので、そのまま使用しております。


追記:時折、「鍵屋さんですか?」という問い合わせをいただきますが、「猫の手」は「鍵屋」ではありません、です。



 
 

23:59, Tuesday, Dec 31, 2019 ¦ 固定リンク


本気で終活始めます
年を取って体調を崩すと、若い頃とは違って回復までの時間が長くなる。
それに、若い頃は体力が有るし気力も有ったから、寝込んだりしたり回復までの時間が長くてもあまり気にすることがなかった。
だけど、年を重ねてくるとどうもイカンということないですかね。
特に両親のどちらかが亡くなって年齢に近づくと、「あぁ俺も・・・」って思ったりしませんか?
俺は今年、父の亡くなったときの年齢を迎えるんですよ。
で、数日前から体調が思わしくなく、ついつい妻に当たったりして・・・
何を口にしても味がしないくなって・・・
あぁ、俺もそうかなぁって・・・
だけど、俺が逝ったあと、父の形見など残しておいても、残された者にとっては処理に困るだけで迷惑でしかないでしょうから・・・
なので、いろいろ身辺整理を始めたんです。
FBで「第三次南極観測隊越冬隊員だった父の記録」という公開グループを作ったのも、その一環です。
FBは亡くなった人のアカウントは、追悼アカウント管理者を決めておいて、その人に事前に自分が亡くなったあとのアカウントの処理をたので於けばいいことだしね。
例えば追悼アカウントして残してもらうか、あるいはアカウント自体を削除して貰うかを決めておけばとかね。
だから、手元にある物理的な父の形見は順次画像として残して、物理的には廃棄とか処分しておこうと思っている。
まぁ、父のだけでなく俺のものもだけどね。

13:54, Monday, Jan 21, 2019 ¦ 固定リンク


体調は一進一退
体調は一進一退、昨日はちょっと調子が良くなったかなと思ったけど、今日はダメ。
1日寝ていたいけど、多分そんなことしたら、そのまま寝込んでしまうと思う。
だから、意地でも起床(笑)
数日前から味覚がおかしい。
旨味はわかる。
だけど、甘い、しょっぱい、辛い、酸っぱいなどの感覚が薄い。
とうとう昨日は、紙を食っているような感じになった。
今日は、食欲もないので食事を抜いた。

12:48, Monday, Jan 21, 2019 ¦ 固定リンク


それが義務。
幾つであろうと働こうと思えば、働く場所はどこにでも有る。
それなのに、現実は高齢者の働く場所がない。
あったとしても限定される。
これらの問題の根底に有るのは、使う方と使われる方の互いのプライドと損得勘定。

高齢者が自活できるような社会環境に出来ないならば、社会は高齢者を養わないと行けない。
それが出来ないと言うなら、かつて飢饉の時に子供を間引いたように、高齢者を間引くしかない。
それが、社会に科せられた義務。

18:37, Saturday, Jan 19, 2019 ¦ 固定リンク


生きることは難しくない
どちらかと言えば、生きること自体はそれほど難しくない。
難しいのはその生命を永らえようとすること。
つまり継続して生き続けると言うことが一番難しい

18:25, Saturday, Jan 19, 2019 ¦ 固定リンク